読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|女児遺体遺棄 見守り活動中に声かけ

千葉・我孫子市で、9歳のベトナム人の女の子の遺体を遺棄した疑いで逮捕された小学校の保護者会会長の通水管男は、登校児童の見守り活動中に、この女の子に声をかける姿などが目撃されていたことがわかった。通水管15日送検された渋谷恭正容疑者(46)は、松戸市の自宅近くに住む小学3年でベトナム人のレェ・ティ通水管・ニャット・リンさん(9)の遺体を遺棄した疑いが持たれていて、警察の調べに対し、黙秘を続けている通水管。渋谷容疑者は、リンさんが通う小学校の保護者会会長として、登校児童の見守り活動を行っていたが通水管、警察のその後の調べで、渋谷容疑者がリンさんに声をかけたり、ハイタッチしたりする姿が近所の住民な通水管どに目撃されていたことがわかった。リンさんは登校時間が遅く、1人で登校することもあり、見守り通水管活動中に渋谷容疑者がリンさんに狙いをつけていた可能性もあるとみて、警察は動機の解明を急いでいる。通水管また、警察は、渋谷容疑者の自宅を家宅捜索するとともに、リンさんが自宅を出た直後に連れ込まれた通水管とみられるキャンピングカーや犯行に使用したとみられる軽自動車をくわしく調べ、裏づけを進めている