読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|自民が過半数維持=政活費返還の3人落選―富山市議選

政務活動費(政活費)の不正受給で14人が辞職した富山市議会の議員選(定数38)が16日、投開票された。 議会改通水管革などをめぐり58人が争う激戦となったが、自民党が22議席を獲得、過半数を維持した。不適切使用を認め返還した元職1人と通水管自民現職7人のうち、計3人が落選した。 投票率は47.83%で、前回2013年の53.05%を下回った。通水管 多数の議員辞職を受け昨年11月に補欠選挙(欠員13)が行われたが、任期満了に伴う選挙は問題発覚後初めて。不正や不適通水管切使用を認める議員が相次いだ自民が過半数を維持できるかが焦点だった。民進1、公明4、日本維新の会2でそれぞれ現有議席を通水管る一方、共産は4から2に減らした。 同8月の不正判明以降、辞職したのは自民12人、民進系2人。このうち立候補し通水管たのは元自民の1人だけで、今回は無所属で出馬したが落選。支持者を前に「市民の厳しい目線の中の選挙運動で大変な負担をお掛通水管けした」と頭を下げた。不適切分を返還した現職7人のうち2人が落選した。 市議会は政活費の実質後払いなどの再発防通水管止策を決めたが、当選した共産現職は「不正はまだあり、今後も追及していく」と強調した。 富山大の池田丈佑准教授(通水管政治学)は「政活費に関心が集中した補選と比べ、北陸新幹線を活用した地域活性化などを訴える候補が目立った」と指摘した。