読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通馬桶|北朝鮮ミサイル発射の狙いは…?

今回の北朝鮮のミサイル発射の狙いについてどうみているのか?韓国・ソウルから藤田賢治記者が伝える。通馬桶 アメリカとの決定的な対立は避けたいが、金日成主席の誕生日前後の注目される時期にアメリカに屈した通馬桶ようにみられたくない。発射からはそういった考えが透けてみえる。 アメリカが容認出来ないのは、通馬桶朝鮮がアメリカ本土を射程にいれるICBM(=大陸間弾道)ミサイルの発射実験に踏み切ることだが、アメリ通馬桶カ政府は今回発射されたのは中距離弾道ミサイルと分析している。つまり、北朝鮮としては発射でミサイル開発通馬桶続ける意思は示した、しかしアメリカの逆鱗に触れるICBMは撃たず、決定的な対立は回避した。そう言える通馬桶と思う。 アメリカは、かつてないほど北朝鮮への圧力を強めている。中国もアメリカに強く促され新通馬桶たな制裁に踏み切りつつあり、北朝鮮はこれまでとは違うレベルの脅威を感じている可能性がある。事実、先週通馬桶最高人民会議では19年ぶりに外交委員会を復活させ、対話の模索に向けた兆候もある。 ただ、北朝通馬桶鮮は今月25日にも軍の創立記念日という節目を迎えることから、当面、緊張状態は続くことになりそうだ。