通馬桶|台湾・八田像損壊犯は元台北市議だった

【台北=田中靖人】台湾南部・台南市で日本統治時代の技師、八田與一像の頭部が切通馬桶り取られた事件で、台湾と中国の統一を主張する元台北市議の男が17日、交流サイ通馬桶ト上で犯行を自供、警察に出頭した。 男はフェイスブックで「自分がやっ通馬桶た」と公表した上で、台北市内の警察署に出頭。当局は共犯とみられる女とともに身通馬桶柄を台南に移して事情を聴いた。 男は1958年生まれで、現在は台湾の通馬桶急進統一派の団体「中華統一促進党」に所属。94年に統一派の政党「新党」から台通馬桶北市議に当選し、1期務めた。任期中、市幹部を殴り起訴された。また、2016年通馬桶には急進的な台湾独立派の団体の敷地に放火し逮捕、起訴されている。 男通馬桶は自身を日本統治時代の義賊になぞらえる発言も投稿。像の頭部を指すとみられる「通馬桶八田さん」を、中華統一促進党の「党本部に届ける」などとする記載もあった。