通水管|<英国>メイ首相、分裂解消図る

【ロンドン三沢耕平、矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】英国のメイ首相は18日、総選挙を6月に前倒し実施する方針を打ち出した。先行きの見通せない欧州連合通水管(EU)からの離脱という「大仕事」を控え、英社会の分裂や、政権内の足並みの乱れという不安定要素を一掃するため、総選挙のタイミングを見計らって発表した通水管とみられる。一方、突然の発表にEU側は戸惑いを隠せないでいる。【今後はどうなる?】英国のEU離脱のプロセス 「強力で安定したリーダー通水管シップを確立する必要がある」。メイ氏は首相官邸前での演説でこう強調。EU離脱を決めた昨年6月の国民投票後、キャメロン前首相の突然の辞任を受けて総選挙通水管を経ずに首相に就任したメイ氏には「国民の信を得ていない」という不安がつきまとっていた。 EU離脱を巡り国内が二分され、メイ氏は就任以来、英国通水管の結束を強調してきた。最大野党・労働党だけでなく、与党・保守党にも「元残留派」が多い。離脱方針を巡っても、移民規制を優先する「強硬な離脱(ハード・ブ通水管レグジット)」に慎重な意見は多く、政権内でも強硬な離脱派と経済を優先する勢力との間で足並みの乱れが生じていた。 こうした事情を背景にメイ氏は通水管、世論の動向を注視すると共に、政権内での基盤固めを進め、総選挙のタイミングを模索していた。 最大野党・労働党はコービン党首の指導力不足から世通水管論調査の結果は2015年の総選挙以降、低迷。保守党の支持率は4割超で推移し、労働党を20ポイント以上も上回る。スコットランドが独立に向けた2度目の住通水管民投票を実施する方針を打ち出す中、与党内には「国内問題も含め、難事に立ち向かうには強い与党・保守党が必要」(保守党議員秘書)との認識が広がった。