読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|「会社の価値」と「自分の価値」

真のグローバル経営を経験してきたビジネス・リーダーが、日本社会・日本企業の課題に対し『和魂洋才』の新たな視点から解決策を提案する「GAISHIKEI LEADERS」。そ通水管のメンバーが、経営のグローバル化と日本のユニークな強みを調和させた新しい「グローバル経営論」を解説するセミナー(共催/司会:ISSコンサルティング)の内容をダイジェストで通水管お届けします。今回のテーマは「会社の価値と自分の価値を両方高める仕事のしかた」。日本ケロッグ経営管理・財務本部長(CFO)の池側千絵さんに、ロクシタンジャポン代表取締通水管役の西口一希さんとともに、ファイナンスの仕事を通じて企業価値を高めると、ひいては自分の価値を高める視点や行動にもつながるのはなぜか、語っていただきました。ダイジェストでお通水管届けします。● なぜ日本企業の稼ぐ力が低いと言われているのか 池側(日本ケロッグ) こんにちは。まず簡単に自己紹介しますと、私は新卒でプロクター&ギャンブ通水管ル(P&G)に入社して以来、日本マクドナルド、レノボ・ジャパン、現在のケロッグとファイナンス部門で働いてきました。 西口(ロクシタンジャポン) 今日はよろしくお願通水管いします。私も簡単に自己紹介しますと、1990年にP&Gに入社して17年いた後、ロート製薬でマーケティングの責任者を8年務めました。その後に今のロクシタンで代表を務めてい通水管て、今年で3年目になります。 池側 自分が外資系企業に長らく勤めてきて、同業他社として日本企業をウォッチするなかで、稼ぐ力をどうすれば上げられるのか、ということに通水管興味をもっています。ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、近年そうした観点で話題になったのが“伊藤レポート”です(編集部注:経済産業省が取り組む「持続的成長への競争力とイン通水管センティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~」プロジェクトの最終報告書。座長であった伊藤邦雄・一橋大学大学院商学研究科教授の名前を冠して、『伊藤レポート』と呼ばれる)。