通馬桶|住宅ローンとフィンテックの融合は可能か?

“住宅ローン”は、銀行などの金融機関が主力とする個人向けの商品の一つです。日銀の大規模な金融緩和政策によって“超低金利”状態である今、住宅ローンの借り通馬桶入れ・借り換えにはチャンスであるといわれています。特に、日銀が2016年2月に始めたマイナス金利政策によって、銀行への住宅ローン借り換えの相談通馬桶数が例年の2倍以上になっているともいわれています。借り入れ・借り換えのいい検討タイミングといえる現在において、金融業界では金融×テクノロジーの通馬桶造語である「フィンテック」が盛んに取り立たされています。ここでは、ユーザーにとって現在タイミングがいいとされる住宅ローンとフィンテックとの融合について通馬桶えていきましょう。■住宅ローンは単なる金融商品といえるのかまず、“金融商品”と聞くと、銀行や証券会社などで取り扱っている商品を思い浮か通馬桶べる人も多いのではないでしょうか。基本的に金融商品と呼ばれる多くのものは、自分の持っている金融資産を増やすことを目的とした預貯金(※)や、資産運用とし通馬桶購入される株式・債券・投資信託、一定の条件下において金銭的な保障が得られる保険などになります。(※2017年4月現在はほぼゼロ金利)しかし、そ通馬桶れらとは全く違った性質の金融商品があります。それは、「住宅ローン」などの負債(借金)に分類されるものです。要するに、資産を預けるのではなく借りるのです通馬桶つまり、住宅ローンは“単なる金融商品ではない”ということです。住宅ローンは、自分が現状持っている金額以上のもの(住宅)を購入するために、お金を通馬桶借りるというレバレッジ効果を利用することを主な目的としています。そのために、貸す側である金融機関は、リスクを軽減するために主に二つのことを行います。