読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|逃走車ナンバー偽装=会社員の行動把握か

福岡市中央区天神の駐車場で、男性会社員(29)が銀行から下ろした現金約3億8000万円を男らに奪われた強通水管盗致傷事件で、逃走に使われたワゴン車のナンバープレートが、別の車のものに偽装されていたことが22日、捜査通水管係者への取材で分かった。  男性が「自分の到着前からワゴン車が駐車場に停車していた」と説明し通水管いることも新たに判明。福岡県警中央署捜査本部は、男らが男性の行動を事前に把握し、周到に準備した上で犯行に通水管んだとみて車の発見を急いでいる。 捜査関係者によると、防犯カメラの映像を解析した結果、男らが乗っ通水管逃げた白のホンダ「ステップワゴン」のナンバーは、同市博多区にあった別の車と同じだった。白いワゴン車の盗難通水管届は出ていないという。 ワゴン車は南へ走り去り、捜査本部は沿道の防犯カメラなどで、現場から南に約通水管0キロ離れた同県春日市周辺までの動きを確認している。 男性は東京都内の貴金属店に勤務し、18日か通水管福岡に出張。現金は金塊の買い付けの資金で、同区天神のみずほ銀行福岡支店に事前に現金を用意してもらい、引き通水管しに行く時間も伝えていた。捜査本部は、男らが何らかの手段で予定を把握し、男性を待ち伏せたとみている。