読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|〈福岡強奪〉現金運搬、前日は2人

福岡市中央区天神1丁目の駐車場で会社員男性(29)が現金3億8400万円を奪われた事件で、男性が「普段は2人で銀行に向かうが、(事件当日は)1人通水管だった」などと話していることが22日、捜査関係者への取材で分かった。男性は事件前日にも金塊を買い付けるため多額の現金を引き出しているが、その際は通水管人だったという。福岡県警は、男性が1人で多額の現金を引き出すタイミングを狙った計画的な犯行とみて、捜査を進めている。⇒【画像】3億円分の通水管模擬券。重量は30キロも■空港の7億円 帯封異なる 一方、福岡空港国際線ターミナルで20日夜、韓国人の男4人が約7億3500万円を無通水管可で海外に持ち出そうとしたとされる事件で、4人が所持していた現金の帯封が、強奪された現金の帯封と異なっていることも判明。紙幣からは被害にあった男通水管性の指紋も検出されず、県警は二つの事件の紙幣は別のものである可能性が高いとみている。 捜査関係者によると、男性は東京都内の貴金属店に勤務通水管、18日から福岡市に来ていた。金塊取引には多額の現金が伴うため、普段は2人で現金の引き出しや運搬をしているという。 また、男性が奪われた通水管紙幣の帯封はみずほ銀行で、4人が持っていた紙幣の一部にも同銀行の帯封が混じっていたが、大半は別の銀行の帯封だったという。 事件は20日午通水管0時25分ごろ発生。被害男性が現金を車に積み込もうとしたところ、背後から催涙スプレーのようなものをかけられ、その隙に現金が入ったケースを奪われた通水管。容疑者の男らは男性の車のすぐそばに白いワンボックスカーを止めて待ち伏せしており、事前に金塊取引の情報を把握し買い取り資金を狙ったとみられる。