読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通馬桶|教職課程に障害者教育、19年4月から必修へ

政府は、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、教職課程で障通馬桶害者に対する教育に関する科目を必修にする方針を固めた。 通馬桶員免許を更新するための講習でも障害を持つ子供たちの指導法を学ぶこ通馬桶を明示し、質量ともに充実を図る考えだ。 政府は2月に障害通馬桶や高齢者との共生社会を推進するための行動計画を決定しており、安倍通馬桶相が関連法や制度の見直しを各省に指示した。 このうち、教通馬桶分野では、幼稚園から高校までの教員志望者に対し、「障害を持つ子供通馬桶への理解を深める」科目を履修し、単位の取得を新たに義務づける。文通馬桶科学省によると、「90分間の授業を7、8回受講する」ことが必要に通馬桶る。6月にも文科省令を改正し、19年4月から実施したい考えだ。