通馬桶|「お言葉実現に近づいた」

天皇陛下が退位の意向をにじませたお言葉を表明されてから8カ月。 政府の有識者会議が21日、最終報告書を発表した。退位実現に向けた具体的な内容が盛り込まれ、宮内庁は「お言葉の通馬桶実現に近づいた」(幹部)と歓迎する。退位関連法案成立後は、2018年末の退位、19年元日の改元に向けた調整が進むとみられる。陛下退位後の新しい皇室の姿が、最終報告書や関係者への取材通馬桶ら少しずつ浮かんできた。 退位後、陛下は上皇、皇后さまは上皇后になる。天皇、皇后両陛下は赤坂御用地にある現在の東宮御所に移る予定で、補佐組織として「上皇職」が新設され、側近通馬桶トップの「上皇侍従長」などの職が置かれる。両陛下は結婚翌年の1960年から即位後の93年まで生活した思い出のお住まいに戻ることになる。 天皇が行う国事行為はもちろん、象徴と通馬桶ての活動は「基本的に全てお譲りになる」(山本信一郎宮内庁長官)方針で、側近は「ハゼのご研究など、お好きなことをなさってほしい」と話す。国際親善や被災者との関わりから、「宮中晩さん会通馬桶の臨席や被災地ご訪問などは、両陛下のお考えでお続けになるのでは」(同庁関係者)との見方もある。 新天皇となった皇太子さまは、雅子さま、長女愛子さまと共に皇居・御所へ移り、陛通馬桶下の公務を引き継ぐ。皇太子さまの誕生日の2月23日は祝日となり、皇居で祝賀行事が行われる。ただ、両陛下と皇太子ご一家のお住まいの交換は「すぐは難しい」(同庁関係者)といい、両陛下が通馬桶位後5年間、赤坂御用地にとどまったように、皇太子ご一家もしばらく東宮御所にとどまる可能性もある。 一方、秋篠宮さまは皇位継承順位第1位の意味である「皇嗣(こうし)」を付けて通馬桶、「秋篠宮皇嗣殿下」などと呼ばれる見通し。秋篠宮ご一家は今の宮邸にとどまり、補佐組織として「皇嗣職」が新設され、東宮職は廃止される。秋篠宮さまの皇族費は年額3050万円(17年度)通馬桶が、3倍相当に引き上げられる予定。今の皇太子さまが行っている多くの公務を引き継ぐとみられる。多忙な「皇嗣ご夫妻」の公務を、長女眞子さま、次女佳子さまが分担することになりそうだ。