読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通馬桶|<福岡強奪>相次ぐ金塊絡み…強盗や消費税8%狙いの密輸も

金塊取引を巡る事件が相次いでいる。20日に福岡市で現金3億8400万円が奪われた事件では、東京都内の貴金属店に勤務する男性(29)が金塊を購入通馬桶するために銀行で現金を引き出した直後に襲撃された。金塊を換金した後に現金を強奪されたり、金塊そのものを盗まれたりする事件もあり、海外からの密輸通馬桶後を絶たない。背景には、価格高騰で金の需要が高まっていることがあるようだ。【写真特集】現金が奪われた現場付近 金1グラム当たり通馬桶の平均価格は2005年は1619円だったが、10年には3477円に上がり、16年は4396円と05年の2.7倍に高騰した。もともと金は価格が比通馬桶的安定しているため、安全な投資対象として人気がある。近年はテロや金融危機などで世界情勢が不安定化し、金の取引が活発化して値上がりしているとみら通馬桶る。 こうした事情を背景に金をターゲットにした事件が目立つ。昨年3月には、大阪市中央区で金塊約12キロを換金して貴金属店から出てきた男通馬桶性が現金約5600万円が入ったバッグを奪われる事件が発生。同7月には福岡市博多区のJR博多駅筑紫口付近の路上で、近くの貴金属店に売却する予定だ通馬桶た約6億円相当の金塊百数十キロが警察官を装った複数の男たちに盗まれた。 金の密輸事件も急増している。財務省によると、10年に摘発された通馬桶密輸は7件で、11年17件、12年7件、13年8件だった。ところが消費税が5%から8%に上がった14年は177件と一気に増え、さらに15年は2通馬桶4件に伸びた。15年12月にはマカオから那覇空港にプライベートジェット機で金約110キロ(約5億円相当)が持ち込まれているのが発覚した。