通水管|日本郵政、最終赤字か…買収の豪物流子会社不振

日本郵政が来月発表する予定の2017年3月期連結決算の通水管最終利益が赤字に転落する可能性が高いことがわかった。通水管 15年に6200億円で買収した豪物流子会社トー通水管ル・ホールディングスの業績不振による約4000億円の損通水管失を一括計上する方向で調整が進んでいるためだ。最終赤字通水管なれば、07年10月の郵政民営化以降、初めてとなる。日通水管本郵政は役員報酬の一部カットも検討している。 通水管日本郵政は25日にも、トールの業績不振への対処方針など通水管について記者会見する。17年度中にトールで1700人超通水管の人員削減を行い、経営改善を急ぐ姿勢を示す見通しだ。