読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|新入社員は「最初の配属先」で一喜一憂するな

この時期、新入社員の大きな関心ごとといえば、「配属先」。すでに研修が終わり、配属先が決まった人もいるだろう。希望の部署に配属されて喜んでいる人がいる通水管一方で、予想外の部署に配属され、困惑している人もいるかもしれない。 ​たとえば、「同期は花形部署に行ったのに、僕はあまり花形とはいえない部署通水管配属された」「自分だけ、本社ではなく、地方の支社に配属されることになった」といった具合だ。こうした決定に対して、「俺は期待されていないのでは」「同期通水管比べて劣っているのか」などと、勘ぐってしまう人もいるかもしれない。■配属先は、個人の“資質”のみで決まるわけではない そんな悩みに対通水管、「あまりネガティブに考える必要はありません」と話すのは人事制度など人事向けのコンサルティングを展開する、トランストラクチャの磯明子・コンサルティン通水管部門マネージャーだ。「配属先は個人の資質ももちろん考慮されますが、それ以外にもさまざまな要素や思惑によって決まってくるものです」(磯マネージャー)。通水管 配属先が決まるメカニズムは企業によって異なるが、共通する部分もある。会社は新入社員の配属先をどのように決めているのか、磯氏への取材をもとに、通水管般的な例を紹介していこう。誰が配属先を決定するのか? まず、「誰が新入社員の配属先を決めるか」だが、それにかかわるメンバーは、企業によっ通水管異なる。人事部員だけで話し合って決める会社もあれば、受け入れ部署の上長と人事が相談して決めることもある。経営者の意向が強く反映される会社だと、経営者通水管あれこれ口を出すケースもある。さらにワンマンな経営者だと、鶴の一声で決まるということもある。しかし、多くの場合、合議のうえで決めていくという。