通馬桶|【よくわかる講座:人材派遣】人材派遣とは

人材ビジネスには、人材派遣(労働者派遣事業)のほか、人材紹介、再就職支援、請負など、多様なサービスが存在する。その中にあって人材派遣は「必要な時に、必要な期間、必要な人材」を活用したいという企業側における労通馬桶働力の需給調整システム、雇用形態の多様化の要請などに応える形で誕生したものだ。1986年に「労働者派遣法」が施行されて以降、何度かの法改正を経て、現在では自社雇用とは違った利便性の高い人材活用のあり方として通馬桶多くの企業で定着している。「職業安定法」において「労働者供給事業」が原則禁止される中、人材派遣は「労働者派遣法」の趣旨に沿って適正に運営され、労働者の保護と雇用の安定が確保される必要がある。そのよう通馬桶な背景から、スタッフを派遣する人材派遣会社は、厚生労働大臣の許可を得なければならないことになっている。2015年9月30日の「労働者派遣法」改正前の段階では、労働者派遣事業は「許可制」と「届出制」に通馬桶る派遣元会社の2種類に大別されていた。しかし、事業会社が許可を得ずに許可制の派遣事業を違法に行うなどの問題が散見されたため、改正後は、優良な人材派遣会社(派遣元会社)の育成をより重要視し、労働者派遣事業は「通馬桶許可制」に一本化されることになった。その結果、行政の監視の目が行き届きやすくなり、人材派遣事業の健全化と新たな成長が期待されている。●派遣スタッフは、人材派遣会社とは「雇用関係」、派遣先企業とは「指通馬桶命令関係」となる人材派遣ではまず、人材派遣会社(派遣元)が自社の常用社員または登録スタッフの中から、業務内容、業務レベル、就業条件など、派遣先企業のニーズに合致した人材を選出。本人が了承した上で派遣通馬桶することになる。派遣する人材に関しては派遣元に一任されており、派遣先企業で採用試験が行われることはない。上記のような「マッチング」(派遣先企業の依頼内容に基づいて条件に適した人材を選定し、業務を依頼通馬桶交渉し、契約まで進めること)が終了した後、派遣先企業と人材派遣会社の間に「労働者派遣契約」が結ばれる。同時に、人材派遣会社と派遣労働者(派遣スタッフ)の間には「雇用関係」が結ばれ、派遣期間中、派遣スタッフは通馬桶派遣先企業の「指揮命令関係」下に置かれることになる。つまり、派遣スタッフは人材派遣会社と雇用関係にありながら、実際の職場は派遣先企業という「間接雇用」の形となる。この点が、労働者派遣事業の大きな特徴である