通水管|震災巡り失言、今村復興相を更迭…後任に吉野氏

自民党の今村雅弘復興相(70)(衆院比例九州ブロック、当選7回)は25日、東通水管日本大震災について「(発生が)東北だったから、よかった」と発言し、その責任を通水管って辞任する意向を固めた。 安倍首相の強い意向が働いたもので、事実上通水管更迭だ。今村氏は26日午前に首相官邸を訪れ、首相に辞表を提出する見通しだ。首通水管相は後任に自民党の吉野正芳衆院議員(68)(衆院福島5区、当選6回)を起用す通水管方針を固めた。2012年に第2次安倍内閣が発足して以降、不祥事による閣僚辞任通水管昨年1月の甘利明・前経済再生相以来で、5人目となる。終盤国会に向けて政権への通水管打撃となるのは必至だ。 今村氏は25日夜、東京都内のホテルで開かれた通水管民党二階派のパーティーで講演し、東日本大震災について「(発生が)まだ東北の方通水管ったから、よかったが、首都圏に近かったら甚大な被害があった」などと述べた。