通水管|無痛分娩で出産中に意識失い死亡

大阪府和泉市の産婦人科医院で1月、麻酔でお産の痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん通水管)」で出産中の女性(当時31)が意識不明になり、その後死亡したことが捜査関係者ら通水管の取材でわかった。府警は院長らから事情を聴いており、業務上過失致死容疑での立件も通水管野に調べている。 医院の代理人弁護士らによると、女性は1月、脊髄(せきず通水管)を保護する硬膜の外側に細い管を入れ、麻酔薬を注入する硬膜外麻酔を受けた。この注通水管の後、呼吸不全に陥り、意識不明になった。堺市内の病院に搬送されたが、約10日後に通水管亡。子どもは無事に生まれたという。府警は医師らが人工呼吸など十分な措置を取ったか通水管ついて調べている。 無痛分娩は赤ちゃんにほとんど影響せず分娩の疲労が減っ通水管産後の育児や職場復帰がしやすい利点があるとされる。2008年度の調査では国内のお通水管全体の2・6%と推計されたが、現在は5~10%ほどに増えているとみられている。