通水管|復興相に吉野正芳・元環境副大臣起用へ

安倍晋三首相は25日夜、東日本大震災をめぐる発言で辞任する意向を固めた今村雅弘復興相の後任に、吉野正芳・元環境副大臣(衆院福島5区)を充てることを決めた通水管。 吉野氏は当選6回。現在、衆院東日本大震災復興特別委員長を務める。被災地を軽んじる発言で辞任する今村氏の後任として、被災地・福島選出の吉野氏が通水管適任と判断したとみられる。26日午前に皇居での認証式を経て、正式に就任する見通し。今村雅弘復興相が25日夜、所属する自民党二階派のパーティーで講演し、東通水管日本大震災について「これは、まだ東北で、あっちの方だったから良かった。もっと首都圏に近かったりすると、莫大(ばくだい)な甚大な被害があったと思う」と述べ通水管た。直後に撤回したが、同日夜、辞任する意向を固めた。安倍晋三首相は、後任に自民党の吉野正芳・元環境副大臣(衆院福島5区)を起用する。 記者通水管に問われ「それなら取り消す」 今村氏、主な発言 「東北の方々を傷付ける不適切発言」 首相が謝罪 特集:今村復興相、辞任へ 今通水管村氏は今月4日の記者会見でも、原発事故の自主避難者が故郷に戻れないことを「本人の責任」と発言。質問した記者に対して「出て行きなさい」などと言って質問を打通水管ち切るなどし、激しい批判を浴びたばかりだった。 萩生田光一官房副長官は25日夜、国会内で自民党の竹下亘国会対策委員長と会談し、今村氏が辞意を固め通水管たことを報告した。二階俊博幹事長も記者団に、今村氏から「辞任したい」との電話連絡があったことを明かし、「辞表提出はやむを得ない」と語った。民進党は、「共通水管謀罪」法案を審議している衆院法務委員会などすべての委員会について、26日午前の開会に応じない方針を固めており、国会運営が大きく混乱する可能性がある。