読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|3メガ銀、カードローン融資の自主規制を強化

 銀行が無担保で個人に融資する「カードローン」で過剰な融資が相次いでいる問題で、通水管3メガバンクが融資にかかわる自主規制を強化していることが26日、わかった。通水管 みずほ銀行はカードローンによる融資額の上限について利用者の年収の「2分の1」か通水管「3分の1」に改めた。三菱東京UFJ銀行も融資額の上限引き下げを検討しており、三通水管住友銀行は融資の審査を厳しくする。 メガバンクの自主規制がほかの銀行に広通水管る可能性もある。 消費者金融などの貸金業者に対しては、改正貸金業法で借り通水管の年収の3分の1を超えて貸し出すことを原則禁止する「総量規制」が適用されている。通水管行は対象外だ。銀行のカードローンは、借り手にとっては現金自動預け払い機(ATM)通水管利用して簡単にお金を引き出せ、銀行から借りられる安心感から利用が急増している。2通水管16年末時点で銀行のカードローン残高は5兆4377億円と1年間で約1割増えた。