読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|飲食店の原則禁煙、厚労省が例外拡大を検討

受動喫煙対策をめぐって、飲食店を原則禁煙にする規制を目指していた通水管厚生労働省が、規制の例外の範囲を広げる検討に入ったことがわかりま通水管た。 厚生労働省は国内の受動喫煙対策について、面積30平通水管方メートル以下の小規模なバーやスナックを除く全ての飲食店を原則禁通水管にする健康増進法の改正法案を今の国会に提出することを目指していま通水管した。 関係者によりますと、自民党内から「飲食店の売り上通水管が下がる」などの反対の声が相次ぎ、議論が停滞していることから、厚通水管労省は例外の範囲を広げる検討に入ったということです。 バ通水管やスナックだけでなく、居酒屋などの飲食店も含めることや、例外とな通水管る面積の要件を緩和するなどの見直しを検討するものとみられます。