通水管|「てるみくらぶ」8年前にも資金繰り悪化

格安の海外ツアーで知られた旅行会社「てるみくらぶ」が破綻してから27日で1か月。会社は8年前にも通水管資金繰りが悪化し、債務不履行に近い状態になっていたことが元社員への取材でわかった。 先月通水管27日に経営破綻した「てるみくらぶ」は、少なくとも3年前から赤字を黒字とみせかけ、経営状態を偽装通水管していた可能性がある。以前、管理職をしていた元社員は、日本テレビの取材に、8年前にも資金繰りが悪通水管し、債務不履行、いわゆるデフォルトに近い状態になったなどと証言した。 元管理職社員「各課通水管長が社長室に集められて、デフォルト(債務不履行)になってしまうかもしれないと。(2009年)当時通水管、海外で新型インフルエンザがはやりまして、キャンセルした方に旅行代金を返金しなきゃいけないと。そ通水管いうことが重なって、デフォルトしそうになって」 このときは、格安ツアーを大量に販売して現通水管金を確保し、破綻を回避したが、当時から資金繰りはかなり厳しかったことがうかがえる。 先月通水管破綻した際、「てるみくらぶ」の負債額は約151億円にのぼり、最大で9万人の旅行者に影響がでた。