読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|クボタが所得隠し2.4億円

大手産業機械メーカー「クボタ」(大阪市)が大阪国税局の税務調査を受け、2015年12月までの2決算期で、約10億3通水管千万円の申告漏れを指摘されたことがわかった。このうち約2億4千万円は重加算税の対象となる所得隠しと認定された。追徴通水管額は約4億2千万円で、同社は修正申告し、納税したという。 同社などによると、所得隠しと認定されたのは、農業通水管機械を製造する工場敷地内の道路補修費。同社は「修繕が必要な複数の箇所を直した」と経費計上していた。しかし、国税局は通水管道路の機能や耐用性が上がっており、固定資産として計上すべきだ」と判断。「所得圧縮の意図で、一つの工事を複数の部分補通水管とした」と指摘した模様だ。 税法上は、道路など固定資産の価値を高める補修費は経費認定されず、固定資産の減価通水管償却費として、複数年に分けて経費計上する必要がある。 このほか国税局は、工場の製造ラインの補修部品の在庫の通水管部を資産計上していなかった点などを申告漏れと指摘したという。 同社は「税逃れの意図はなかったが、税務処理上通水管の不備があったのは事実。国税局の指摘に従い、納税した」としている。 同社はトラクターやエンジンなど産業機械通水管世界的メーカー。有価証券報告書によると、16年12月期の連結売上高は約1兆5960億円、純利益は約1324億円。