読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|倒産件数8年連続減少に潜む「不都合な真実」

 8年連続で減少し、ついにバブル期並みに水準が低下した、日本の企業倒産件数。だが、はたしてこの現状は喜ぶべきものなのだろうか。この記事の写通水管真を見る 信用調査会社の東京商工リサーチがまとめた2016年度の全国企業倒産件数(負債額1000万円以上)は8381件と、1990年度以来通水管26年ぶりの低水準となった。前年度を下回るのは、これで8年連続。また、9000件を割り込んだのは2年連続となる。■金融庁の「指導」により、通水管中小企業は潰れない 背景にあるのは、金融機関の融資姿勢の柔軟化だ。リーマンショックによる景気の落ち込みを背景に、2009年に中小企業金融円通水管化法が施行されたことで、中小企業が“リスケ”(リスケジュール、返済条件などの変更)を申し込んだ場合、金融機関はできるだけ柔軟に対応するよう、努力義通水管が定められた。 2013年に同法が終了した後も、金融庁は金融機関に対し、「貸し付け条件の変更や円滑な資金供給に努める」ことなどを求めてきた通水管。また、同庁は近年、担保の有無にかかわらず、事業内容や成長可能性などで評価する「事業性評価」に基づく融資を推奨している。 こうした状況下、通水管産業ベースで見ると、資金繰りに窮する中小企業は減少傾向にある。だが一方で、今回の調査で5年ぶりに倒産件数が増加に転じた産業があった。サービス業(前通水管年度比5.8%増)だ。その中でも、件数が107件と同67.1%の急増となったのが老人福祉・介護事業である。 日本社会の高齢化が進む中で需要通水管拡大傾向にあるというのが、同業界に対するこれまでの一般的なイメージだろう。だが、実態として倒産件数は増加基調をたどっている。背景に何があるのか。