読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|約3人に1人が職場でパワハラの経験 厚労省調査

職場でパワハラを受けた経験を持つ人が、およそ3人に1人に上ることが厚生労働省通水管の調査で分かりました。 厚生労働省が去年、企業で働く男女1万人を対象通水管に「パワーハラスメント」について調査した結果、「過去3年間にパワハラを受けた通水管ことがある」と答えた人はおよそ3人に1人にあたる32.5%に上りました。20通水管2年に行われた、前回の調査より7.2ポイント増えています。 このうち通水管パワハラを受けても会社に相談しなかった人は40%に上り、理由として最も多かっ通水管たのは「何をしても解決しないと思った」で、次いで「不利益が生じる」でした。同通水管に行われた企業4500社あまりを対象にした調査では相談窓口を設置している企業通水管は73%で、予防や解決に取り組んでいたのは半分にとどまりました。 厚通水管労省は「働きやすい健全な職場を目指して対応を強化していく」としています。