通水管|神戸山口組分裂か、県警が警戒

指定暴力団神戸山口組(本拠地・兵庫県淡路市志筑)が29日午後に神戸市中央区の関通水管連施設で開いた緊急集会に、「直参」と呼ばれる複数の直系組長が姿を見せなかったこ通水管が、関係者らへの取材で分かった。離反の動きが取り沙汰される組長らが欠席したとみ通水管れる。別組織を結成するという情報もあり、兵庫県警が事実確認を急ぐとともに警戒を通水管強めている。【動画】山口組組長到着で神戸山口組組員が怒声 JR新神戸駅通水管 神戸山口組は2015年8月に指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)から通水管裂。双方は対立抗争状態にあり、別組織が立ち上がれば三つどもえの抗争に発展する恐通水管れがある。 関係者らによると、神戸山口組では今年に入り、幹部人事を巡っ通水管離反情報がたびたび浮上。29日の会合もこうした動きを阻止する狙いがあったとされ通水管が、神戸山口組内で最大の山健組幹部に加え、数人の直系組長が欠席したとみられる