通水管|高速道路「特別転回」とは?

ひとつ先のICで「特別転回」 昨今、高速道路での逆走が社会問題になっています。 NEXCO中日本によると、実際に逆走車を確保した通水管場所、つまり逆走車が向かった先は、ひとつ手前のICである場合が少なくないそうです。つまり、本来降りるはずだったICを通りすぎたがゆえの逆走、とい通水管ことです。これについて同社は、「実際に逆走した方にお話を聞くと、ご本人も『なぜ逆走したかわからない』という場合が多いです。ICを降り間違えて気が通水管転してしまうのでしょう」といいます。【画像】高速道路で起こる逆走の原因例 目的のICを通りすぎてしまった場合、ドライバーがすべき通水管対処について、さらに同社に聞きました。――目的のICを通りすぎてしまったら、どうすればよいのでしょうか? 次のICまでそのまま走通水管、降りてください。料金所の「一般」レーンに入り、係員に事情をお話しいただければ、通行券に「特別転回」の承認印を捺します。料金所を出てすぐUターン通水管がある場合と、一般道まで進んでからUターンする場合がありますので、係員の指示に従い、IC入口料金所の一般レーンで再度事情をお話しください。本来降通水管りるICまで高速道路を通って引き返すことができ、乗り間違えたぶんの料金はいただきません。ETC車はどうする?――2区間以上行きすぎて通水管まったり、特別転回をしたうえで、目的のICで降りられなかったりした場合はどうなりますか? その場合も料金所の係員にお申し出ください。通水管――特別転回はどのICでもできるのでしょうか? ETC専用のスマートICではご利用いただけません。係員のいるICでのみ可能です。