読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|<受動喫煙対策>肺がんは禁煙しても減らないは本当か?

2020年の東京オリンピックに向けて、受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案、いわゆる禁煙法案の議論が行われています。その中で先日、麻生太郎財務通水管相が「肺がんとたばこにそれほどの関係があるのか?」という趣旨の発言をしたことが話題になりました。喫煙率の低下に反して、肺がんの死亡率が下がっていな通水管ことへの疑問が背景にあるようです。呼吸器内科医で公衆衛生学が専門の和田裕雄・順天堂大准教授に解説してもらいました。 ◇喫煙率とがん死亡を考通水管る三つの論点 日本の喫煙率は、男性が1960年代の約80%より減少し、現在約30%、女性は同20%弱から微減の10%程度で推移しています。通水管方、同じ期間の肺がん死亡数は一貫して増加し、93年以降は男性のがん死亡率の1位となりました。麻生財務相の発言はこの状況に言及したものでしょう。確か通水管喫煙は肺がんの原因であるにもかかわらず、喫煙率が低下しているのに、肺がんの死亡数が増加している、という一見矛盾する現象が見られます。 公衆通水管衛生学の講義でこの問題を考える場合、私は以下の三つの論点を挙げます。(1)喫煙あるいは禁煙の効果が表れるまでには長い期間を要すること。通水管(2)医療の進歩により他の病気による死亡が減少し、高齢化社会が到来したこと。(3)高齢者は若年者と比較しがんを発症しやすいこと。通水管◇ブリンクマン指数 1日の本数×年数でリスクが分かる 過去の喫煙の評価手法の一つとして「ブリンクマン指数」という指標があります。これは「1通水管の喫煙本数×喫煙年数」で表される指数のことです。1日30本喫煙し、それを20年間継続した人のブリンクマン指数は「30×20=600」となります。