読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|北朝鮮、弾道ミサイルを発射

米太平洋軍と韓国軍合同参謀本部は29日、北朝鮮が同日早朝に弾道ミサイル1発を発射したものの、間もなく爆発し国内に落下したようだと明らかにした。韓国軍通水管は、北朝鮮が午前5時半ごろに西部の平安南道北倉(ピョンアンナムドプクチャン)付近から弾道ミサイルを発射したようだと発表。米太平洋軍司令本部の報道官は、北倉(通水管プクチャン)の飛行場付近からの発射で、北朝鮮領内を出なかったと説明し、北米への脅威にはならないと述べた。ドナルド・トランプ米大統領は、「北朝鮮はミサ通水管イル発射によって、失敗はしたものの、中国とその高名な主席の意向に背く失礼な真似をした。悪い!」とツイートした。北朝鮮からの発表は今のところない。通水管国務長官の警告ミサイル発射の数時間前には、レックス・ティラーソン米国務長官が国連安全保障理事会の閣僚級会合に出席し、北朝鮮に核兵器開発を放棄させ通水管るため世界の協力が必要だと呼びかけた。ティラーソン長官は、安保理が行動しなければ「破局的な展開」につながると警告し、「米国本土を攻撃する能力を北朝鮮通水管が獲得するまで、おそらく時間の問題だ」と懸念を示した。このため、米国は必要とあれば軍事力を行使すると長官は言明した。ティラーソン氏は、北朝鮮通水管に対する既存の国連制裁を安保理の理事国が十分に行使してこなかったと批判。とりわけ中国に対して、北朝鮮との通商関係を利用して影響力を使うよう促した。し通水管かし中国の王毅外相は、 問題解決の鍵を握るのは中国ではないと反論した。王外相は軍事介入に反対し、「武力行使は(双方の)主張の違いを解決しない。むしろ通水管さらにひどい惨事につながる」と主張。「朝鮮半島の核問題は、対話と交渉で平和的に解決すること。この選択肢のみが、正しく、現実的で、実行可能だ」と付け足した。