読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|浪江町で山林火災 人立ち入れず自衛隊出動

福島第一原発の事故で人が立ち入れない福島県浪江町の山林で火災通水管が発生し、自衛隊などが消火活動にあたっている。 山林通水管災が発生したのは、浪江町の十万山。福島第一原発の事故で帰還困通水管区域に指定される場所で、29日午後に町の防犯見守り隊から通報通水管あった。 防災ヘリなどが出動して消火活動にあたり、一通水管、鎮圧状態となったが、強風にあおられて再び燃え広がった。福島通水管県によるとこの火災でけが人はいないが、既に山林の7万平方メー通水管ル以上が延焼したという。 現場は原発事故後、長期間、通水管が立ち入っていない場所で、地上からは近づくことができず、県は通水管衛隊や隣県にも防災ヘリの出動を要請し消火活動を続けている。