読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|浜離宮で“油” オリーブオイル瓶見つかる

30日朝、東京・中央区の浜離宮恩賜庭園で、橋の床板などに油のような液体の通水管シミがついているのが見つかった。 東京都によると30日午前7時2通水管分ごろ、浜離宮の開園前の見回りをしていた職員が、中島の御茶屋周辺の飛び石通水管、お伝い橋の床板で、油のような液体のシミがついているのを見つけた。その後通水管、シミは、別の橋など計5か所で確認されたという。 大きさは大きな通水管ので直径20センチほど、小さなものは3センチほどだった。29日午後6時に通水管園したときの見回りでは、シミは見つかっていないという。 また警視通水管庁によると、シミは「オリーブオイル」で、庭園内の公衆トイレ近くのゴミ箱か通水管、そのオリーブオイルが入っていたとみられる空き瓶が発見されたという。通水管 警視庁は、防犯カメラの映像を解析するなどして詳しい経緯を調べている