読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|6カ国協議「再開状況にない」

【ロンドン=石鍋圭】安倍晋三首相は29日午前(日本時間同日夕)、訪問先の英国ロンドンで記者会見し、北朝鮮の核問題に関する6カ国協議の早期再開に否通水管定的な考えを示した。また、北朝鮮の弾道ミサイル発射を非難した上で「さらなる挑発の可能性も考えられる。高度な警戒態勢を維持し、国民の安全確保に万全通水管期す」と述べた。 6カ国協議をめぐっては、中国、ロシアが協議再開を提唱している。安倍首相は記者会見で「対話のための対話は何の解決にもつな通水管らない。北朝鮮が挑発行動を繰り返し、非核化に向けた具体的な行動を全く示していない現状では、直ちに再開できる状況にはない」と語った。 また通水管核開発と弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に自制を促すため日米や日米韓3カ国の連携を強化させる考えを強調し、「北朝鮮への圧力を一致結束して強めてい通水管必要がある」と訴えた。中国やロシアが北朝鮮問題で建設的な役割を果たすことに改めて期待を表明した。 ただ、ロシアが北朝鮮の貨客船「万景峰(通水管ンギョンボン)号」を定期就航させると決めたことに関し、プーチン露大統領との27日の首脳会談で意見交換したかどうかは言及を避けた。 日露関通水管では、北方領土での共同経済活動の実現に向けた現地調査団の派遣で合意したことなどを踏まえ、「今回の日露首脳会談で平和条約交渉を着実に前進させること通水管できた。大きな一歩を踏み出せた」と強調した。 5月にイタリアで開かれる先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)については「国際社会が直面す通水管主要課題について率直な意見交換を行う。普遍的価値を共有するG7が結束し、明確なメッセージを発信できるようリーダーシップを発揮したい」と述べた。