通水管|憲法で「家族」規定必要?

自民党が2012年にまとめた憲法改正草案。家族や婚姻の基本原則を定める第24条に「家族の尊重」を盛り込んだ。衆参両院の改憲勢力が3分の2以上を占める現在も掲げ続ける。「個人よ通水管りも家族」とも読み取れる文言に「息苦しくなる」「そもそも家族って?」と疑問を投げ掛ける人たちがいる。 「家族が破綻してしまった人は、救われないんじゃないでしょうか」通水管 6年前に就農した明石市の田中景子さん(48)=仮名=は、生き方の多様性が否定されないかと危ぶむ。 短大を卒業してシステムエンジニアに。その後、転職しながら経理通水管営業のノウハウも身につけた。「40歳になったら起業する」。20代から青写真を描いていた。40歳の直前。「パズルが組み合わさったみたいに『農業』って浮かんだ」 独身だが通水管、事実婚を20年以上続けたことがある。結婚を否定していたわけではないが「起業を考えた時、自分の持つ資源を生かすには、姓が変わるのは不都合だった」。農業を始めて2年後の夏、彼は通水管げた。 同居していた間、仕事と家事をこなす“働く妻”も経験した。今、誰にも気兼ねせず全ての時間を野菜に注げるのは「ひとりだからこそ」と感じている。 「家族って通水管、大事でありがたくて、素晴らしい。だからこそ憲法で縛らず、自由であってほしい」   □   □ 月に1度、神戸市内で性的少数者(LGBT)向けの茶話会を開いて通水管いる男性会社員(36)=同市中央区=は冷めた見方だ。「憲法が改正されても、婚姻が男女に限定されるなら縁がないと思っています」 同性のパートナー(30)と暮らす。日常生通水管には満足しているが、相続などの権利が保障されないことに不安も感じている。 兵庫県内では宝塚市が2016年、同性カップルを公的にパートナーと認める制度を始めたが、まだ申通水管し出はない。男性が茶話会の仲間約40人にアンケートすると、制度を利用すると答えた人はいなかった。「選択肢としてあってもいいが、カミングアウトにつながる。今の生活を守りたい」