通水管|政界引退の与謝野氏、自民復党へ…都議選を前に

自民党が与謝野馨・元財務相(78)の復党を決めたことが30日、分かった通水管。 自民党幹部が明らかにした。復党審査を行う党紀委員会委員の大通水管半の了承を得ており、山東昭子・党紀委員長が1日に記者会見し、発表する。通水管 与謝野氏は自民党が野党時代の2010年4月、離党届を提出し、新通水管党「たちあがれ日本」を結成した際、除名処分を受けた。与謝野氏の復党は7通水管ぶりとなる。 与謝野氏は下咽頭がんなどを患い、12年12月の衆通水管院選には出馬せず、政界を引退。自民党が政権復帰後、復党を要請したが、自通水管民党内に反発が根強く、復党は実現していなかった。 自民党として通水管、東京都議選(6月23日告示、7月2日投開票)に向けて、東京1区(千代通水管田区など)選出の衆院議員だった与謝野氏の支援者を取り込む狙いがある。