読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|5月初日は東・西日本で大気不安定 天気の急変に注意

5月スタートのきょうは太平洋側を中心に広く晴れ間が出て、関東から西では最高気温が25℃以上の夏日となる所が多くなりそうだ。ただ、上空の寒気の影響で大気の状態が非通水管常に不安定となるため、天気の急変に注意が必要となる。5月初日は東・西日本で大気不安定 天気の急変に注意1日昼過ぎの発雷確率。太平洋側は午後を中心通水管空模様の変化に注意 太平洋側では、きょうは午前を中心に晴れて気温が上昇する。東・西日本の太平洋側では、きのうに引き続き最高気温が25℃以上の夏日となると通水管ころが多く、きのうは24.3℃だった東京もきょうは26℃まで上がる予想。ただ、上空には寒気が流れ込むため、地上と上空の気温差が大きくなり、午後は大気の状態が非常通水管不安定になる。直前まで晴れていても、急に雲に覆われて雨が降り出し、雷雨となるところもありそうだ。今夜にかけて、急な強い雨や落雷、突風に注意が必要となる。西日本や通水管海の雨は一時的なものがほとんどだが、関東では昼過ぎから夕方にかけて雨が続く見通し。また、東・西日本ではひょうの降るおそれもあるため、農作物や農業施設の管理にも十通水管分注意したい。5月初日は東・西日本で大気不安定 天気の急変に注意1日の全国天気と予想最高気温。日本海側は気温大幅ダウン 午前5時現在、北通水管~山陰では雨が降っていて、雷を伴っているところもある。北陸~九州の日本海側では大気の不安定な状態が続くため、夕方にかけて、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうや急通水管な強い雨に注意が必要だ。  北陸~山陰の雨は午前が中心で、午後は晴れ間の戻るところもあるものの、日中の気温はきのうより低く、北陸を中心に大幅に低くなると通水管ろもある見込み。石川県金沢市ではきのうより10℃以上低い17℃の予想、きのう30.0℃まで上がって真夏日となった鳥取市もきょうは21℃の予想となっている。