読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|核開発継続を示唆

朝鮮中央通信によると、北朝鮮の韓成烈外務次官は通水管30日、駐朝ロシア大使と会談し、「米国の核戦争通水管脅威から国の自主権と生存権、朝鮮半島の平和を守通水管ため、核抑止力を強化する措置を引き続き講じてい通水管く」と述べ、核開発を継続する方針を示唆した。通水管  会談では、朝鮮半島情勢に関し意見交通水管。ロシア大使は北朝鮮の立場に理解を示し、「情勢通水管が一日も早く緩和されることを望む」と語った。ま通水管、両者はロ朝の伝統的な友好関係に見合うよう、さ通水管ざまな分野で協力を強化する考えで一致した