読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|「オートマ観光バス」本格投入へ…安全性も向上

観光バス需要が増え、ドライバーの不足や高齢化が進む中、安全技術開発が活発化して通水管いる。 商用車大手「三菱ふそうトラック・バス」(本社・川崎市)は、コン通水管ピューター制御でギアチェンジするAMTを標準装備した「オートマ観光バス」を開発通水管し、国内市場に本格投入する。 2016年1月の長野県軽井沢町のバス事故通水管では、マニュアル車のギアがエンジンブレーキの利かないニュートラルの状態に入って通水管おり、運転手がギア操作を誤った可能性が指摘されている。観光バスのオートマ化は、通水管運転手の負担軽減や安全性向上につながるとして、国土交通省が開発促進を働きかけて通水管いた。 AMTは路線バスやトラックには既に導入されている。だが、ギアチ通水管ェンジの際に揺れが発生したり、変速のタイミングが運転手の感覚とずれたりする短所通水管があり、客を乗せて長距離を走る観光バスでは標準装備化は進んでいなかった