読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|やっぱり「教育の無償化」は

教育無償化について、維新の党が「憲法を改正して実現させよう」と問題提起したら、自民党・公明党でも本格的な検討が行われるようになった。自民党内の通水管動向はどうなのか。 3月29日、自民党の「2020年以降の経済財政構想小委員会」(小泉進次郎小委員長代行、村井英樹事務局長)は、幼児教通水管無償化の財源を保険料で賄う「こども保険」を提唱した。さすがの小泉進次郎氏、発信力は大きく、これは多方面で話題になった。 この問題は、小通水管泉氏も含めた教育再生本部の「恒久的な教育財源確保に関する特命チーム」で検討されることとなっている。 確かに小泉氏の発信力はたいしたもの通水管あるが、「保険」というのは詐称に近い話だ。政治家たるもの、言葉をもっと大切にしたほうがいい。学生時代に「保険数理」を勉強した筆者からみれば、こ通水管は保険でないものを保険といっているようにしか見えないのだ。 まず「保険」の意味をはっきりさせよう。 保険とは、偶然に発生する事通水管象(保険事故)に備えるために多数の者が保険料を出し、事象が発生した者に保険金を給付するものだ。 さて、自民党若手が提唱した「こども保険通水管であるが、こどもの保育・教育のためなので、この場合の偶発事象(保険事故)はこどもが生まれること、になるだろう。公的年金の加入者、つまり20歳か通水管ら60歳までの現役世代の人がこの保険に加入し、子育てする人が保険給付を受け取る仕組みになるだろう。 となると、矛盾が出てくる。子育ての通水管わった現役世代の人には、偶発事象がまず起こりえない。これらの人は「こども保険」に入るメリットはなく、保険料を取られるだけになってしまう。