通水管|学校プール「飛び込み禁止」

学校の水泳指導中にプールに飛び込んだ児童生徒が首の骨を折るなどのけ通水管がをする事故が相次いでいるため、スポーツ庁は全国の小中高校に再発防通水管を求める通知を出した。 小中学校は授業中の飛び込みが認めら通水管れておらず、改めて徹底を要請。高校は生徒の能力や技術に応じた指導を通水管めた。高校の指導実態については近く全国調査も行う。 通知は通水管4月28日付。例年、プールの授業が始まる前に設備や指導の安全確保を通水管知しているが、昨年も飛び込みによる事故が続いたため、別紙を添付して通水管注意を促した。別紙では入水角度が大きい危険な飛び込みをイラストで紹通水管。特に小中学校は学習指導要領で、水中からのスタートのみを指導し、授通水管業での飛び込み指導は行わないとされており、その点を改めて強調した