通水管|大型無人偵察機、横田飛来

米空軍の大型無人偵察機「グローバルホーク」1機が1日夜、横田基地(東京都福生市など)に飛通水管来した。 10月末まで同基地に暫定配備され、北朝鮮の弾道ミサイルや核施設などを監通水管し、情報収集するとみられる。 グローバルホークは米領グアムのアンダーセン空軍基地通水管を拠点にしているが、夏場の台風シーズンは2014年から三沢基地(青森県)に飛来し、運用さ通水管ている。しかし、三沢基地が滑走路改修で使用できないため、5月から横田基地で暫定的に運用す通水管ることが決まっていた。 横田基地には計5機が配備される予定で、整備士ら約110人通水管同基地に駐留する。 グローバルホークは全幅約40メートル、全長約15メートル。航通水管続距離約2万2000キロで滞空時間は約36時間。高度1万5000メートル以上で航行する。通水管着陸時は横田基地から遠隔操縦する。離陸後十分な高度に達すると米本土から操縦される。通水管 基地周辺の関係自治体は安全対策を徹底するよう、防衛省を通じて米側に要請している。