読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|東京メトロ運行見合わせ

東京メトロは、北朝鮮のミサイル発射を報道機関が報じた場合に運行を通水管見合わせるとしたルールを見直し、今後は全国瞬時警報システム「Jア通水管ート」の作動の有無で判断することにした。 「(元のルール通水管は)社会的な影響や乗客の混乱が大きいため」と説明している。通水管 東京メトロは先月、安全を重視し、Jアラートが作動した場合以外通水管、テレビなどでミサイル発射が報じられた場合も、運行を見合わせると通水管る内規を作成した。先月29日のミサイル発射は失敗で、Jアラートは通水管作動しなかったが、同社は地下鉄9路線で一斉に運転を見合わせ、約1通水管分後に運転を再開。乗客約1万3000人が影響を受けた。平日のラッ通水管ュ時だとさらに混乱する恐れもあるため、見直しを決めたという。