読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|海自護衛艦、初の米艦防護任務 狙いは?

安全保障関連法に基づき、有事でない中、自衛隊がアメリカ軍の艦船を守る、いわゆる「米艦防護」の任務が1日午後から実施されて通水管いるもよう。国会記者会館の青山和弘解説委員に聞く。■今回の「米艦防護」にはどのような狙いがあるのか? 日通水管政府の狙いは大きく分けて3つある。一つは北朝鮮への圧力の強化。政府関係者は「強固な日米同盟を誇示できる。北朝鮮への抑止力通水管なる」と話している。 もう一つはアメリカへのアピール。官邸関係者は「北朝鮮への対応を巡って緊密な連携が求められる通水管アメリカに対して、自衛隊もしっかり協力していくというメッセージになる」と語っている。 そして最後は安全保障関連法通水管実績づくり。ある防衛省幹部は「米艦防護はこれからも当たり前のようにやるんだという前例になる」としている。そうした意味で今通水管の米艦防護は、実際にアメリカの艦船が攻撃を受ける可能性が低い中で極めて「象徴的なもの」と言うことができる。■野党通水管側はどうみているのか 野党側からは「単なるデモンストレーションで必要がない」などの批判が出ている。ある民進党議員通水管「火に油を注ぐ行為だ。緊張感が高まっている時にこんな政治ショーは普通やらない」と安倍政権の姿勢を批判している。 通水管朝鮮に核ミサイル開発を放棄させるための日本の役割は何なのか、緊張が高まる中で政府の一つ一つの対応が重みを増しつつある。