通水管|シリア攻撃は「夕食後の余興」

【ワシントン時事】ロス米商務長官は、トランプ政権が4月に実施したシリアへのミサ通水管イル攻撃について「夕食後の余興」だったと例えた。 米誌バラエティー(電通水管子版)が1日、カリフォルニア州で開かれた経済会合での発言を伝えた。 報通水管道を受け、NBCテレビ解説者はトランプ政権に目立つ「軽々しい発言だ」と指摘する通水管など米メディアで批判が出ている。 シリア攻撃は米東部時間4月6日夜、ト通水管ランプ大統領が中国の習近平国家主席を夕食会で歓待している最中に実施された。ロス通水管氏は、デザートとともに習氏に攻撃について説明されたと述べた上で、「夕食後の余興通水管代わりだった。大統領に何ら費用は生じなかった」と語ったという。 しかし通水管同誌が報じたロス商務長官の発言を紹介したUSAトゥデー紙は、攻撃に使った巡航ミ通水管サイル59発分の費用だけで約8000万ドル(約90億円)に上ると指摘した。