読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|新元号、4案から選定…改元手続き「平成」踏襲

天皇陛下の退位と新天皇の即位に伴う新元号について、政府は「昭和」か通水管ら「平成」に改元した際の選定手続きを原則として踏襲する方針を固めた通水管 学者が考案した4案を候補として準備しており、この中から有通水管識者や衆参両院の正副議長の意見を聞くなどして一つに絞り込む。元号は通水管2文字」とすることや、社会で広く使われている言葉を避けるなど、平成通水管への改元時に定めた選定基準も維持する。政府は陛下の退位を実現する特通水管法案の成立後、具体的な選考に入る方針だ。 1979年制定の通水管元号法は「元号は皇位の継承があった場合に限り改める」と定め、選定手通水管きは同年に閣議報告された要領に明記されている。89年の平成への改元通水管時は、この要領を改元前日に一部修正した上で、手続きが進められた。