通水管|両親面会後に爆発音

4日朝、名古屋市昭和区の名古屋大学の学生寮で火事があり、室内からこの部通水管屋に住む男子大学生とみられる遺体が見つかりました。また、寮に面会に来て通水管た学生の父親もけがをしています。 午前8時すぎ、昭和区の名古屋通水管大学の学生寮「国際嚶鳴館」で、「爆発音があり、3階の部屋から黒煙が出て通水管る」と寮に住む学生などから消防に通報が相次ぎました。警察などによります通水管と、この火事で寮の3階の一室が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりま通水管た。この部屋には20歳の男子大学生が住んでいましたが、連絡が取れていな通水管いということです。火事の前に男子大学生の両親が寮を訪れて学生に面会して通水管ますが、学生がいったん部屋に戻った後、爆発音が聞こえたということです。通水管父親は部屋に駆け付けた際、口の中をやけどするなどのけがをしています。