読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|小4の口に給食押し込み、嘔吐させる

富山県小矢部市の市立小学校で、男子児童に担任の50代の通水管女性教諭が給食のおかずを無理やり食べさせ、嘔吐(おうと通水管)させたとして、教諭が担任から外されていたことがわかっ通水管た。同市教育委員会の野沢敏夫教育長は「行きすぎた指導で通水管、児童につらい思いをさせ、申し訳ない」と話している。通水管 野沢教育長によると、今年1月30日の給食の時間に通水管、当時4年生の男子児童が嫌いなおかずを食べなかったため通水管、女性教諭がおかずを口に押し込むと、男子児童が嘔吐した通水管。汚れた床も男子児童に掃除させたという。児童の保護者か通水管ら抗議を受け、2月に女性教諭を担任から外したという。