読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|憲法改正“目標”設定 なぜ今?狙いは?

安倍首相は3日、憲法改正を主張するフォーラムにビデオメッセージを寄せ、憲法改正の具体的な内容について「自衛隊の存通水管在を憲法上に位置づける」などとした上で、2020年の施行を目指す方針を表明した。■安倍首相が今、憲法改正通水管具体的な内容と目標の公言に踏みきった理由は 理由は大きく3つある。1つは北朝鮮情勢を始めとして日本を取り通水管巻く環境が大きく変化している中で、自衛隊の存在を位置づけるなどの憲法改正が国民の理解を得やすくなっているとみてい通水管からだ。 もう1つは長期政権への自信。自民党が今年、党総裁の任期を延長し政権が2021年まで続く可能性が通水管まれた上に、安倍内閣は依然安定した支持率を保っている。 そして最後に、国会で憲法改正に向けた議論が進まな通水管いことへのいら立ちだ。■憲法改正は首相ではなく国会が発議するものだが だから安倍首相は去年後半か通水管、与野党の議論を加速させるため、自らはあえて発言を抑えて国会に任せる姿勢を取ってきた。周辺には「これから自分は見通水管守っていく。国会での答弁も慎重にする」と語っていた。 ところが与野党の議論がいつ収れんするのか依然不透明通水管、このままではラチがあかないと判断したもの。安倍首相は3日、自らがリーダーシップを取っていく姿勢を鮮明にした。