通水管|「反省」コメントも…愛媛県警の不手際は

愛媛・今治市で起きた高齢の親子殺傷事件で、事件に関与した疑いで、警察から通水管事情を聴かれていた近所に住む30代の女性が自殺した。今回の女性の自殺通水管は、報道関係者だけではなく、市民や警察関係者などにも、大きな衝撃を与えた通水管。警察は、女性への聴取は、一般的な任意捜査の範囲内だったとしているが通水管結果的に自殺が起こってしまったことに対して「今になって思うと、あれをやっ通水管ておけばよかったと思うこともある」と反省とも取れるコメントをしている。通水管今回の県警の任意聴取の方法に、本当に問題はなかったか問われることになる通水管一方、市民からは参考人の女性が自殺したことへの驚きや、犯人がまだ捕ま通水管っていないことへの不安の声が上がっていた。今治市で発生した2件の殺人通水管事件は、重要な参考人が死亡したことで、大きな暗礁に乗り上げることになる