通水管|国債のイールドカーブを無理矢

国債には国庫短期証券(償還期限が1年以内の割引債)から40年債まで、さまざまな償還期間の国債がある。そして、それぞれに利回りがある。それらの複利利回りを計算して、横軸を償還期通水管間、縦軸を複利利回りで結んだ曲線をイールドカーブや利回り曲線と呼ばれる。本来であればこのイールドカーブから、債券市場参加者の金利観が見えてくるはずなのである。例えば、市場参加通水管者が現在の水準に比べて、先行き金利は上昇していくと読めば、長い期間の債券ほど利回りが高くなり、イールドカーブの形状は右肩上がりになる。これをスティープニング、スティープ化と呼ぶ。今後通水管の金利上昇を予想した際には、現在の低い利回りでは、なるべく短期債で運用しようとするためである。そして短期債に人気が集まることで、利回りに低下圧力がかかる。一方、現在の水準に比通水管て先行き金利が低下していくと読めば、逆に期間の長い債券が買われるため、右肩上がりの曲線が、直線に向かう。このことをフラットニング、フラット化と呼ぶ。そして、さらに長い期間の債通水管券ほど利回りが低くなると、イールドカーブの形状が右肩下がりになる。このことを逆イールドと呼ぶ。債券は期間の長いものほど、債券利回りの変動に対して債券価格が大きく動くという特性通水管を持っている。したがって、償還期間が長いほどリスクが高いということになる。だからこそ、償還期間が長い債券には、それだけ利回りにプレミアムがついていると考えられている。このため通水管イールドカーブは右肩上がりを描くのが普通となる。しかし、右肩下がりの逆イールド現象もないわけではない。例えば、1989年7月ごろに日本でも長短金利が逆転するという現象が生じた。このと通水管きは、度重なる日銀による公定歩合の引き下げが大きな要因であった。このように、中央銀行の金融政策もイールドカーブの形状に大きく影響する。イールドカーブ上の一番左側にある一番期間通水管の短いものは、中央銀行の政策金利に近い。そして長期金利は、物価や経済動向を見ながら、中央銀行が短期金利をどういった水準に持って行くのかを予想して、本来は形成されるはずなのである。