通水管|参考人の女性自殺 近所では不安の声も

愛媛・今治市で起きた高齢の親子殺傷事件で、事件に関与した疑いで、警察か通水管ら事情を聴かれていた近所に住む30代の女性が自殺した。警察が、任意通水管話を聴いていた女性の自殺という急展開に、大きな衝撃を受けた。女性が通水管殺しているのが見つかったのは、5日午前9時ごろ。その1時間半後に、通水管母親の話を聞くことができた。母親は、かなり憔悴(しょうすい)しきっ通水管様子で、まだ娘の自殺という事実を認識していなかった。母親によると、通水管性は10年ほど前からマンションに1人暮らしをしていて、体調が悪く、生活通水管保護を受けていたという。また、近所でトラブルなどはなかったという。通水管参考人の突然の自殺に、街の人たちからは「本当に、その女性が関与してい通水管のか」、もしくは「犯人がいるのではないか」と不安の声も上がっていた。