通水管|広島ドラ1加藤拓也の2軍降格決定 五回途中で降板

広島のドラフト1位・加藤拓也投手=慶大=が、五回途中3安打5四死球1失通水管点で降板。試合後、2軍降格が決まった。【写真】あの投げっぷりは通水管こへ…プロ初登板初先発で九回1死までノーノー 4-0の四回、2通水管死後からの2者連続四球をきっかけに1失点。五回は先頭・高山への死球から通水管ズムを崩し、二塁手・西川の失策も絡んでピンチ拡大。福留に四球を与え満塁通水管なり、緒方監督がベンチを立った。 「ストライクをとる確率は良く通水管なっていると思うんですが、修正するのが遅い。実力不足。確固たる技術がな通水管」 プロ初登板初先発で初勝利を手にした4月7日のヤクルト戦(マ通水管ツダ)以降、白星から遠ざかっている。5試合に先発し1勝3敗、防御率3・通水管1、28回1/3を投げ、四死球は投球回を上回る30個。奪三振は26。